内科の外来通院:糖尿病生活ブログ

公開日:  最終更新日:2018/04/19

糖尿病で病院外来通院

糖尿病で20日間ほど入院してから3月下旬に退院しました。その後は毎日、血糖値を測定してインシュリンを投与しておりました。
4月中旬になり内科の検診を受けるために外来で通院をいたしました。

午前中と午後に1件づつ検診をおこないます。

午前中の検診

今回は、はじめての内科検診でしたので少し緊張もありました。午前中に採血と採尿、CTスキャンをおこない先生の検診を受けました。この日はたまたま担当の先生が忙しくてかなり待つことになりました。まだかなあと待つこと約1時間ほどで自分の順番が回ってきました。

受診室に入り先生の問診を受けます。入院時にはすい臓が炎症をおこしていたのですが、今回CTスキャンの結果では事後良好とのことで、今の所は問題なさそうな感じでした。しかし油断するとまた、すい臓が悪くなってしまうので様子見をすることになり2ヶ月後に再度通院予定となりました。これで午前中の検診は終了です。

午後の検診

思っていたよりも時間がかかってしまったのでお昼の時間が少なくなってしまいました。急いで自宅に帰り食事をして再度午後の検診を受けるため病院に通院しました。午後は別の先生の検診です。インシュリンを担当する先生で投与する量などを指示していただきます。病院を退院した後は血糖値については良好で、徐々に下がってきていました。食事のカロリー制限と糖質、脂質の制限でかなり改善されているようでした。

先生からインシュリンを減らして飲み薬で対応したらどうかと言われたので、そうすることに決めました。今は糖尿病の飲み薬もどんどん良いものが出てきておりかなり開発が進んでいるようです。今後しばらくはインシュリンと飲み薬が毎日の日課になります。その後の状況次第ではインシュリンはなくなるかもしれないとのことでした。自分としては毎日インシュリンを投与するのが必要かと思っていたので嬉しい一言でした。明るい兆しですね。

その後、飲み薬と血糖値の測定用の針などをいただき会計となりました。病院での会計は約17000円と結構かかりました。インシュリンは別に近くの処方箋の薬局で受け取りました。こちらは会計が5000円ほどでしたので合計で22000円かかりました。チョット痛い出費でしたね・・・(*_*)

退院後は飲み薬とインシュリンは毎日おこなっています。なかなか大変ですが、これから継続していきます。

糖尿病の食事

食事別血糖値測定

血糖値の測定方法ワンタッチベリオビュー

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑