糖尿病になった時の食事について:どのような食材が良い?

公開日:  最終更新日:2018/04/11

糖尿病になった時の食事について

糖尿病でも食べてはいけない食事はありません。適切な量を食べるぶんには問題ないです。
1日のカロリーをきちんとコントロールして食事をすれば大丈夫です。

気をつけるのは一番に「糖質」のとりすぎです。
私の場合はすい臓が弱っているので、あわせて「脂質」も抑える食事が必要です。

サラダを摂る


食事の際の基本でサラダは必ず食べます。野菜は最初に食べることにより血糖値の上昇を抑えることが出来ます。
食事の順番としては「野菜」→「肉、魚」→「炭水化物」の順が良いようです。

また野菜は300gほどで80kcalとカロリーも低いヘルシーな食材です。毎日3食きっちり食べるようにしています。

主な食材:キャベツ、レタス、きゅうり、人参、ほうれん草、トマト、もやし、ピーマン、海藻類

ご飯のおかず

いまのところご飯のおかずは「鶏肉」か「魚」を食べています。牛肉や豚肉は脂質が多めなので食べていません。


鶏肉はささみか胸肉(皮なし)が脂質が少ない食材になります。また値段も安いのでコスパに優れています。
調理法としては茹でるかもしくは油なしで焼きます。味付けは塩少々でかなり薄味です。


魚は白身魚が脂質が少ない食材になります。ただし鶏肉に比べると値段が高めなので、鶏肉のほうが多いです。
調理法は煮付けになります。薄めのだしを取ってその汁で煮ます。基本的に味付けはかなり薄めです。

食事をはじめて間もないので、いろいろと試行錯誤しながら試しています。もともと味付けにはうるさくないので幸いです。
現在は牛肉、豚肉は食べていませんが、今後は調理方法を考えて食べてみたいと思っています。

炭水化物


炭水化物は糖質を多く含むため食べ過ぎは要注意になります。現在は1回の食事の御飯の量は100gほどです。カロリーは約150kcalです。
味付けが薄いとご飯もあまり進まないのでちょうどよいですね。味が濃いとどうしてもご飯が進んでしまいます。

いまのところ白米の他にうどんとそばを食べています。単品だと血糖値が上がりやすくなるので、山菜とワカメを入れて食べています。

食事で気をつけてること

1.カロリーを抑える
2.糖質、脂質の少ない食材を使う
3.1日3食きちんと摂る

以上の点に注意して食事をしています。
カロリー、糖質、脂質を抑えて薄味の食事なので、少し物足りない部分もありますがなんとか継続していきたいと思います。

血糖値の上昇を抑える食材

食材名 重量(重さ) カロリー
きのこ類 100gあたり 22kcal
タマネギ 100gあたり 37kcal
ごぼう 100gあたり 65kcal

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑