点滴後の病院の食事・流動食

公開日:  最終更新日:2018/04/08

点滴後の病院の食事・流動食

病院に入院してから12日間は点滴のみで食事なしの状態でした。入院して数日間は血糖値も高く食欲もありませんでしたが、少し経つとお腹が空き始めました。
点滴で栄養は補給していますが、お腹に何も入っていないのでグーグーなったりしました。

5-6日経った頃でしょうか、食事が恋しくなりました。やはり食事をして噛んでお腹にいれるというのは大切だなと思いました。

はじめての病院食:流動食その1

はじめて出た食事です。

左:おもゆ
右:味が少しついたお湯
野菜ジュース

しばらくお腹に何も入れていなかったので流動食からになりました。どっちもほとんどお湯です。

病院食:流動食その2

右下の白い液体は豆乳です。左下の液体はりんごジュースでした。味わいながらゆっくりと飲みました。

病院食:流動食その3

3回目の流動食は具のないお味噌汁が出てきました。あとはおもゆと牛乳です。

おもゆ。お米の溶けたお湯です。チビチビと味わいながらお腹に流し込みました。

 

病院食は3回が流動食でした。4回目からは固形物が登場します。

待ちに待った固形物の病院食

病院の食事:流動食

点滴後の食事:固形物

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑